ソーラーパネルで発電された電力を家庭で使用する太陽光発電には、ソーラーパネル以外にもさまざまな機器が必要となります。

太陽光発電を始める

屋根の上にソーラーパネルを設置し、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換して、発電するメカニズムを太陽光発電と言います。

太陽光発電で生まれた電気を家庭で使う際には、ソーラーパネルを初めとし、さまざま機器が必要となります。

まず、一番目に付くのは、太陽電池を並べてパネル上にしたソーラーパネル(太陽電池モジュール)です。太陽光発電スペシャルサポート:http://www.agarklub.com/でも確認してみましょう。

設置するソーラーパネルの枚数が多くなるほど、より多くの電力を発電することができます。

このソーラーパネルで発電された直流電力は、パワーコンディショナへと運ばれ、交流電力に変換されることで、家電製品に使えるようになるのです。

変換された電力は、まずは分電盤に送られ、そして各部屋のコンセントへと送られます。

その他に必要とされる機器には、発電モニタと電力量計があります。

発電モニタでは、発電量、消費電力、売電、買電の状況が確認でき、売電・買電メーターの電力量計では、電気を売った量と買った量が計測できます。